年齢65歳以上の4千万人ものシニアは生命保険の保険金ベースで約75兆円を持っています。 これらのシニアの大部分が彼らの加入している生命保険契約が個人的な財産であること、そしてこれが全体の資産の中の重要な部分であることを知りません。

 ICR Custom Market Research によるシニアを対象とする市場調査によれば、回答者の55パーセントが彼らの加入していた生命保険契約を解約や失効で無効にしたことが判りました。

そしてさらに、回答者の82パーセントが生命保険買取りのような選択肢が存在したことを知りませんでした。