私達は年を取るにつれて、残念なことに、病気あるいは障害に罹る可能性が一段と高くなります。そして支出の増加と共に日々の世話が必要となります。 このような状況に直面すると、多くの人々が医療保険制度や介護保険制度の資格を保持しようと加入済みの生命保険契約を解約しようとします。 私共がこれまで何年もの間の消費者啓発やWebサイトで述べていることは、保険業界は保険契約者が保険契約の解約や失効することで、膨大な利益を得ているということです。 そしてそれを何十年間も秘密にしてきたということです。 あなたの生命保険契約は、自宅療養、生活介助あるいは高齢者施設入居のような長期の医療や介護に対して支払うために使われるべきです。