米国社会は理想とほど遠い。医療費が高くて30%が治療を先延ばししている。

特に低所得者と成人若者が顕著である。

 

ギャラップ社2013年12月9日、「費用負担への配慮で米国人の30%が受診を抑制していると(Costs Still Keep 30% of Americans From Getting Treatment)」とのタイトルで世論調査結果を発表した。

http://www.gallup.com/poll/166178/costs-keep-americans-getting-treatment.aspx